防水工事・改修工事・リフォーム・漏水・塗装工事・足場工事の
株式会社ユウシン

電話でのお問い合わせは 045-508-1544
建物の調査・お見積は無料!!メールでのお問い合わせはこちら
建物の修繕
  1. ホーム
  2. 建物の修繕

管理組合様・賃貸オーナー様へ

ビルやマンションの修繕で無駄な工事や出費をしていませんか?

一般的なビルやマンションの定期修繕は、長期修繕計画に基づいて実施されるケースが多いと思います。 しかし、建設当時の長期修繕計画では正確な時期を予測できないため、実際はまだ修繕を行わなくてもよいタイミングで実施されているケースが見られます。

本来、定期的に現状の建物診断を業者に行ってもらい長期修繕計画をこまめに見直す必要があります。 しかしながら、管理組合様や賃貸オーナー様が建物診断・設計・施工を依頼することは、そう簡単なことではありません。 一般的には「管理会社」、「コンサル」、「施工業者」のいずれかへ依頼することになりますが、いずれの依頼方法にもメリット、デメリットがあります。

つぎに依頼方法別の比較をご紹介します。

定期修繕の依頼方法

依頼方法のメリット・デメリットを比較

管理会社(元請) 設計監理
(コンサル)
施工業者(元請) 施工管理業者(当社)
メリット 建物の診断・設計・施工まで全てを任せられるので管理組合様や賃貸オーナー様は楽。 中立的な立場で診断・設計を行い、施工業者を選ぶ際、専門的なアドバイスを受けられ、施工チェックを任せられる。 管理組合様が直接施工業者を選べるので費用を抑えることができる。 中立的な立場で建物の診断を行って適正な修繕内容のご提案、設計、施工を実施します。もちろん、アフターサービスも万全です。
デメリット 管理会社の委託費がかかり、施工は専属の業者に依頼するため、価格競争の原理が働かず、工事費が高額になる事がある。 コンサルへの報酬が余分にかかる。施工は知り合いの管理会社へ依頼するため、適正な修繕内容にならないケースもあるので注意が必要。 管理組合様だけで優良な施工会社を選び施工監理しなければならない。修繕内容や費用、施工が妥当なのか判断が難しい。
建物の調査・お見積りは無料! WEBからのお問い合わせ
WEBからのお問い合わせ
  • 管理組合様・賃貸オーナー様へ
株式会社ユウシン

〒230-0037
神奈川県横浜市鶴見区向井町
2-70-10(地図
[最寄り駅]
京急本線「京急鶴見駅」
JR線「鶴見駅」
TEL 045-508-1544
FAX 045-508-1545
[建設許可]
神奈川県知事許可(搬-30)
第68264号
神奈川県知事許可(搬-1)
第68264号

会社概要を詳しく見る
  • 有資格者
  • 求人情報
  • ボクシング応援サイト